– Message –

代表メッセージ

私が病院に勤務していたとき、医療の質がばらばらであることを目の当たりにし、強い危機感を抱いたことを覚えています。同じ患者さんでも、たまたま受診した医療機関や医師によって診断や治療が全く異なるケースは少なくありません。

こうしたアンフェアな現状を解決するため活用し始めたのが、実際の臨床現場で得られる情報に基づいた「リアルワールドデータ(RWD)」です。RWDを適切に扱うことで医学の知の創出を加速し、医療に貢献することを目指して、2018年に株式会社データックを創業しました。

データックには臨床と疫学、そしてデータサイエンスのスペシャリストが揃っています。RWDを最大限に活用することで、製薬企業様をはじめとするデータベース研究者が良質な研究デザインと最適な意思決定を行えるようサポートいたします。

また、私たちは社会貢献活動として、将来の公衆衛生分野を担う若手のための勉強会「KAKEHASHI -エビデンスの社会実装に向けて-」などを継続的に実施するほか、希少疾患レジストリの構築・運用等にも中長期的に取り組んでまいります。

二宮 英樹
株式会社データック
代表取締役CEO

リアルワールドデータ(RWD)の価値について

世界的にリアルワールドデータが注目され、積極的な活用が進んでいます。その目的は様々ですが、例えば、Five Toosを代表とするランダム化比較実験(RCT)を実施しづらい状況におけるエビデンス構築、迅速さが求められるエビデンス構築医学の進歩とともに、日々変わり続ける臨床現場の課題把握、エビデンスに基づく医療の普及実態調査、医療資源に関する分析、医療施策の効果測定等で活用されています。

RWD活用・データベース研究は数ある手段の一つに過ぎないからこそ、使いどころが大切です。私たちはRWD活用のスペシャリストとして、その価値を最大化できるシナリオの提案も含めて、日々の研究に向き合っています。

  • Five Toos:too few(症例数が少ない)、too narrow(特殊な患者が除外されている)、too median-aged(高齢者や小児は除外されている)、too simple(投与方法が単純)、too brief(投与期間が短い)を指します。